大丈夫な日記

41で事実婚、42で出産、現在育休中。

小室哲哉さん不倫報道に思うこと

皆さんの意見がさまざまな中、

書きづらい話題だなあと思いつつ、

どうしても一言言わずにはおられません‥。

 

今回の報道は、今までの不倫ものと違い

著名人の反発が相次いでいます。

(テレビだと分かりづらいですが

ネットではいろいろ見ることができますね)

 

その理由はさまざまで

公人でない一私人の彼に

人前であそこまで言わせる必要があるのかとか

(奥さまの病状や、自分の状態など)、

 

そもそも、当事者とごく周囲の人だけが

納得すればよいことを、

他人に言う必要があるのかとか。

(フランスの友人は、日本はなんで

こんなに著名人の不倫ゴシップが多いの?と

言っていました。

彼女曰く、愛情は個人的なものだから

人前にさらすこと自体がナンセンスだし

他人のそれに異常な関心を持つことも

理解できない、とのこと)

 

以前、乙武さんの不倫報道の時、

ひょっとしたら、奥さまは

全てを知っていて、

それでも2人は夫婦でいるバランスを

保っているのかも知れないなあと

私は思いました。

 

夫婦の形はそれぞれです。

他人がとやかく言うことではありません。

 

結局、あの報道がされたことによって、

ご夫婦は離婚されてしまいました。

報道がなければ、2人なりの形を

保っていたかも知れないのに。

 

今回もそうです。

小室さんは、たぶん、お相手の方が

いることによって、

心身の、いろんなことのバランスを

保っていたのだと思います。

結婚生活そのものも

ひょっとしたら、そのおかげで

バランスを保っていたのかも知れません。

 

もともと才気ある彼が

ぐっと年下の奥さまの介護(つまりは

おそらく自分の生涯と同じくらいの

長さになるだろう介護)に

疲れていただろうこと、容易に想像できます。

 

その関係が、一連の報道で壊れ

乙武さんの時を思い出すと

いつか離婚などということにならねば

よいですが)、

さらに、話さなくてよいこと(奥さまの

症状など)まで人前で話すハメになり、

あげくのはてには引退という話にまでなった。

 

‥ちょっと待て。

これって、

報道側に問題はないのかなあ?

 

倫理的な正義(不倫は刑法上の

犯罪ではありません)だけで、

ここまで一私人の人生を

狂わせていいのかなあ?

訴訟ざたにしたら、報道側は

負けるんじゃないかなあ?

 

‥そんなことを思いながら

報道を見ていた私です。

 

きっと多くの人が

今回は違和感を覚えたのではないかなあ?

 

まあ、考え方はいろいろありますが、

少なくとも、

他人の考え方や生き方には

寛容でいたいなあと思う私です。

事情を聞かずに

いきなり白黒つけるのは

好きじゃない。

(最近の、一億総裁判官化、という

世相は好きではありません。

人生、白か黒かでなく

グレーなことがたくさんです。

絶対どちらか、ということは

意外と少ないものです)

 

小室さんの新たな人生が

よいものでありますように

心から祈ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記者会見と、市松模様

最近、企業や官公庁の会見で、

その背景がやたらと市松模様なのが

気になります。

 

昔、これを使っていたのは確か

いくつかの企業だけでしたが、

昨年、東京都がオリンピック絡みの

会見で多用してから、

ほかの企業や、特に地方の官公庁がしきりに

この市松模様を使い始めた気が‥

 

今日久しぶりにじっくりニュースを見たら

1時間の番組で、3回もこの市松ちゃんを

見かけました。

さすがにクドイ。

そして飽きる。

 

なんだかなー、

会見担当者は他のマネをして

恥ずかしいと思わないのかなー。

それともトップが

うちもあれをやれ!とか

言っちゃうのかなー。

 

それが最近の疑問です。

皆さん、気になりませんか?

 

 

 

 

 

 

 

オイル美容

自他共に認める脂性肌の私ですが

(一年中あぶらとり紙が

欠かせなかったほどです)、

なぜか急に肌質が変わったのは

ここ2、3年ほど前。

肌の「乾燥」を感じるように

なりました。

 

化粧品のラインをすべて

さっぱりからしっとり系に、

さらに部分的に

エイジングケアに切り替えましたが、

うーん、なんだかしっくりこない。

真冬なんかは、クリームを塗っても

足りないくらいなので、

仕事中、お手洗いに立ったついでに

ちょこっと塗り足しまでする始末。

 

これがお肌の曲がり角ってやつかなあと

びっくりしておりました。

その頃、公私ともどもストレスフルだったのも

いけなかったような気もします。

 

いろいろ試して、自分なりに

いいかなあと思ったのは、

ひとつがシートパック。

30枚で1500円くらいのを愛用しています。

これをお風呂上がりに必ず。

(パートナーには

ジェイソン呼ばわりされていますが

気にしませぬ)

 

もうひとつは、オイルを塗ること。

 

作家の宇野千代さんみたいに

小豆島のオリーブ油!ってのもステキですが

今のところ、無印のホホバオイルを

愛用中。

朝晩の化粧水のあと、これを塗ってから

乳液なんかを使います。

実家からは、お土産にもらったとおぼしき

馬油(ばあゆ)が発見されたので、

実家に戻った時はこの馬油を

塗ったりもしています。

 

そんなこんなで、

ひとまず落ち着いた私の肌。 

 

某女優さんは、

全身をオイルでケアしているとかで

それも色っぽいなあーと思いますが、

まあ、とりあえず、

顔からオイル美容始めました、の私です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

育児でつらいこと

ネガティヴなことはあんまり

書きたくないのですが、

これから子どもを育ててみたい後輩の皆さんに

はー、そんなこともあるのね!のように

参考になればと思い、

リアルタイム絶賛育児なうの私、

たまにはネガティヴなことを

書いてみます。

 

つらいこと第3位、

慢性睡眠不足。

 

ウワサには聞いていましたが、

なかなかのものです。

生後しばらくは昼夜の区別なく

3時間おき授乳なので

それに付き合いますが、

そこから先は赤子ちゃん次第。

 

早い段階で

夜中ぐっすり寝るようになる子もいれば、

逆に、

けっこう先まで夜泣きを繰り返す子も。

どちらのタイプが出るかでだいぶ違います。

あと、昼寝をまとめてしてくれるか

ほとんど昼寝しないか、の差も

大きいかなあ。

 

つらいこと第2位、

自分の時間がほぼ無い。

 

子どもと一緒にいれば幸せなの、

ほかには何にもいらないわアハハな人は

よいのでしょうが、

私のように、やりたいことのかたまりの

ような人間には

これってなかなかのストレスです。

本すら読めません。

(赤子がすぐ手から奪い去り

かじって遊びます‥トホホ)

 

細木数子さんが以前

おっしゃっていました。

この現代に暮らす人は

やりたいことをある程度やって

ちゃんと仕事して、ちゃんと遊んで、

自分の気持ちをしっかり昇華させて、

それから結婚して、育児をしろと。

あー、分かる気がします。

 

そして、つらいこと第1位、 

家から出られない。

 

人によっては第2位のほうが

しんどいかも知れませんが、

私は断然、こちらがつらいです。

実家は田舎なのでだだっ広かったけど、

いまのアパートは本当に狭い。

窓の外は、景色を楽しむどころか、

他の家の壁しか見えません。

そんな中で、赤子と二人っきりです。

 

なるべく外出するようにはしていますが、

雨の日、雪の日、いろいろあります。

家で赤子が昼寝したら

自分も横でソク寝ないと

持たない、睡眠不足な日もあります。

それから、外出も赤子次第なので

機嫌が悪くて泣かれれば

早く帰って来ざるを得ない時もあります。

 

私、3位と2位はよく聞いていたけど

1位は予想してませんでした。

仕事はデスクワークのみならず、

現場に出ることも多かったし、

友人と会うことや、旅が好きな私にとっては

家から出られないのは

かなりキツイことでした。

(今もかなりキツイです‥T_T)

 

昔は大家族の中で育児してたわけで

ちょっと子どもをみてもらうことも

今よりずっと楽だったでしょうし

そもそも、

自分がみてなくても家の中の誰かが

みててくれる、とか

そういう感じだったのでしょうね。

泣いてれば誰かがあやす、みたいに。

(余談ですが、

結婚して遠くに来て、

実家も友人も誰にも頼れない環境の中、

ひとりでアパートで育児をしているような、

そんな人、本当にすごいと思います。

周囲の方、ぜひいたわってあげてください‥)

 

そんなわけで、

これから育児の皆さん、

そんなこともあるよ、という話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

赤子の芸

生後10ヶ月の赤子が

お正月番組に感化された?のか、

急に芸を始めました。

 

空の哺乳瓶だの、ダノンの空き容器だのに

鉛筆(先の尖ってないやつ)や

離乳食スプーンを突っ込んで

逆さにしてくるくる回す。

染之助染太郎を思い出しました。

赤子、曲芸師のようです。

 

かと思うと、

小さめのおもちゃや、

これまた離乳食スプーンをくわえて

ぐーんと首をそらし、

(体が柔らかいので

後頭部が背中につきそうな勢いです)

コチラを見てニターッと笑う。

私が笑うと調子に乗って、もっとやる。

 

うーむ、

芸人の気質があるね、キミは。

 

私とパートナー、

双方の両親ともけっこうマジメな人たちですが

(いや、我が母は

かなり天然ボケが入っておりますが)、

私が生まれる前に亡くなっている私の祖父は

かなりのひょうきん者だったそうだし、

どこかで何代か前のおもろい遺伝子が

出てきても不思議はありませぬ。

 

単調な育児の日々に

ささやかな楽しみができました。

 

はて、次はどんな芸が出てくるのか‥

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

男の子にも料理をさせよう

‥と、昔から思っています。

漫画家の一条ゆかりさんが、自著の中で

伝え聞いた話として、

料理は、結婚してもしなくても

男の子にこそ必要なスキルだから

小さいうちからやらせるという

親御さん(一条さんの知人?のようです)に

ちょっと触れていて

同感だと描かれていましたが、

 

私もそう思う。

 

少しググってみるだけでも

育児ブログやツイッターには

家事、特に料理のできない夫に対して

怒ったり失望した妻の声が

すさまじくあふれています。

世間の夫の皆さんは見る機会がないかもですが

知るとびっくりほどの

怨嗟(えんさ)の声で

ウェブ上はいっぱいです。

 

そして、実際に

私の友人からも

同じグチはよく聞きます。

 

新婚のうちは妻も余裕があるのでしょうが

子が産まれ、バタバタする中で、

のんきな声で夫に

オレの食べるもんないのー、

お前主婦なんだろー?とか言われれば

そりゃアタマに来るだろうなあ。

 

洗濯や掃除と違って、

料理って、はるかに積み重ねが

必要なスキルです。

一朝一夕にできるもんではありません。

料理本をみて、一品やっと作るレベルから

冷蔵庫の中をみて、

献立をアタマの中で

ひととおり組み立てられるレベルに

なるには、

それなりの時間がかかります。

 

そもそも、共稼ぎはもちろん、

妻がたとえ専業主婦だったとしても、

妻が病気の時、不在の時、

ちょこちょこ料理ができるって

ステキなことだと思うのです。

子どもからの評価も高いこと請け合い!

 

縁起でもありませんが、

妻に先立たれても、コンビニとスーパーの

お惣菜とパックごはん、という

生活にはならずにすみます。

 

そもそも、食べたいものが自分の手で

実際に作れるって、

すんごい楽しいことだと

思うんだけどなー。

 

ちなみにうちの弟も

小さい頃から台所に立ちます。

たまに帰省すると

いろんなものを作ってもくれます。

実家は共稼ぎだったので、

私や弟が幼い頃から料理をすることが

とてもありがたかったと

母が今になってよく話します。

 

長くなりましたが、

そんなわけで、

男の子にも料理をさせたほうが

絶対いいなあ!と

思う私です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コブ付き

好きなアーティストの

ファンクラブ限定イベントに当選し

新幹線に乗ってはるばる行ってきました。

(日帰りとはいえ

赤子を見ていてくれたハハに

深く感謝しております‥)

 

先日、赤子が寝た折に、

「なんか赤子が産まれてから

時にちょっと預かってもらうことはあるけど

基本的に365日一緒だよねー」と呟いたら

ハハが、

「それが『コブ付き』ってやつよ〜」と

間髪入れず言いました。

 

あー、激しく納得です。

今まで何も考えず、コブ付きって

言ったり聞いたりしてきたけど、

実感が伴って聞こえます。

 

四六時中近くにいる赤子。

これは、まさしく体にくっついた

コブのような存在でございます。

 

久しぶりのひとり新幹線とイベントは

そんなコブ(赤子‥)のことも忘れ、

ひとりに戻れる

本当に貴重な時間でした。

心からありがたいなあ〜。

 

先に育児をしている友人たちが

こぞって、

時々は一人でやりたいことをやれ!と

言っておりましたが、

しみじみよくわかります。

私のように、もともと一人でいるのが

好きな人間は、なおさらです。

 

さて、そのコブちゃんは

ただいまお昼寝中。

このお昼寝タイム、

いろんなことができる

本当にありがたい時間です。 

 

もうちょっと寝てていいよ〜と

世界中のおかーさんおとーさんが

それぞれの赤子に言ってる気がします。

それも、この生活をしなければ

分からなかったことのひとつだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする