大丈夫な日記

40代、アラフォーの日々。

クラシック音楽入門(その2)

先日、クラシック音楽入門の

オススメはドラクエ!と

書いた私ですが、その先の話を。

 

ドラクエもいいけど、その先は?とか、

じゃ、本格的なクラシックはどれがいい?とか

訊かれたら‥。

 

本当は指揮者や演奏者によって

別の曲か?くらい仕上がりは違いますが、

とりあえず何も考えず、テキトーに一枚選び、

聴いてもらって大丈夫です。

 

まずは、ドボルザーク交響曲第9番「新世界より」。

 

メロディのキレイさ、ハデさ、聴きごたえ、

どれを取ってもイチオシです。

(終盤、これはジョーズ(あの有名な

人食いザメ)の出てくる音楽だ!って思う所もありますよ〜)

クラシックは苦手だけどこれは別格、と

いう人もいます。

 

あとはフィギィアスケート好きな方でしたら、

ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番。

 

最近、スケートのBGMによく使われています。

(協奏曲は、オーケストラと特定の楽器が

掛け合いで演奏する曲です。

この場合は名前のとおり、ピアノですね)

ロシアっぽい、ロマンチックで

暗ーく、でも美しいメロディがステキ。

スケーターにもファンが多いのでしょうね、

納得です。

 

とにかくCDを一枚手に入れて、

BGM代わりにひたすら、

その一枚を聴くことをオススメです。

(他に浮気しないのがポイント!)

そのうち、ハナウタ代わりにメロディが

口から出るようになります。

そうなったらしめたもの!^ ^