大丈夫な日記

40代、育休中アラフォーの日々。

クラシック音楽入門(その5)

ごぶさたしてましたが、

クラシック音楽入門‥の続きをば。

 

ここ二回ほど、超有名な

バッハ先生とモーツァルト先生の

悪口?を書いた私ですが、

(本当にすいません‥)

今回は、逆にオススメの作曲家を。

 

(あ、前回の補足です。

モーツァルトはわかりやすいのに

どこが悪い!と言われそうな気がして‥

そのわかりやすさが、

現代の私たちには、若干物足りない

のでは、と言いたかったのです。

ドロドロさが足りないとでも

言いましょうか‥

人によっては飽きやすいのです)

 

私のオススメは断然、ロシアの大作曲家、

チャイコフスキー

メロディのロマンチックな美しさ、

良い意味での分かりやすさ、

曲の長さ、どれを取っても優秀です(^o^)/〜

 

初心者さんには、白鳥の湖

オススメします。

もともとバレエのための曲ですが、

一曲あたり5分くらいのものが

たくさん入っています。

そして適度にドラマチックで

聴きやすい。

(余談ですがこれ、私が小さい時の

子守唄でした‥寝る前に聴いてました)

 

全曲集もありますが、いささか長いため

ハイライトとか、選集ってやつを

オススメします。

 

他にも大序曲1812とか、

交響曲の4〜6番とかも

オススメです^ ^

チャイコフスキーを聴いてます、なんて

ちょっとカッコいい。

 

飲み会一回分と思って

CDを一枚買ってみると

あたらしい世界が開けるかも

知れません。