大丈夫な日記

40代、育休中アラフォーの日々。

小林麻央さん

昨日の報道は

小林麻央さんの逝去一色(いっしょく)でした。

NHKの夜のニュースでもトップだったなあ。

 

同じ母として、また身内に闘病者を

抱えたことのある者として、

いろんなことを思いました。

それにしても34歳は早すぎる,

 

私の友人で、ほぼ麻央さんと

同い年くらいの時に

白血病になった子がいます。

彼女は低い生存率という死線をくぐり、

現在は寛解して、通院しながらも

働いています。

 

その彼女が言ってました。

「よく、私の話をすると

みんなが『まだこの世で

やらなきゃいけないことがあるんだよー

(だからまた元気になったんだよ〜)』

って言うんだけど、

そう言われるたびに、同じ病気で

死んでいった(病院の)多くの仲間たちは

もうこの世に役割がなかったのか?

そんなことないだろう、って

思うんだよねー」と。

 

その話を聞いて以来、

ああ、何ごとも

当事者でなければ分からないことや

感じないことが

あるのだなあと思い、

軽々しいことは言わなくなった私です。

 

きっと麻央さんも

いろんなことをいろんな人に言われ

いろんなことを思って

闘病生活を送ってきたのだろうなあ。

 

まとまりませんが、

麻央さんのご冥福を

心から祈ります。