大丈夫な日記

40代、育休中アラフォーの日々。

安いうなぎを美味しく食べる

土用の丑

今年も平賀源内に感謝しながら

土用の丑、と言い出したご本人だとか)

美味しくうなぎをいただきました。

年に一度のゼイタクです‥

 

思い出すのは

大学時代、一人暮らしをしながら

買って食べていた、お安いうなぎ。

確か、ひと切れ380円くらいだったかなあ。

 

実家は「量より質」派だったので、

年に一度、いいうなぎ1匹ぶんの蒲焼きを

5等分して食べていました

(当時は5人家族)。

結果、ひとりぶんはとても小さかったので

大学時代、初めてうなぎを買った時は、

おー、こんなにひとりで食べれるのね!と

いたく嬉しかった記憶が‥

 

が、そのうなぎ、まるでゴムのような

食感でした。

実家でなまじ良いうなぎを食べていたので

(小さくとも‥)

食感と、それから味の違いにびっくり。

ご飯に乗せても、ご飯とあまりに固さが違い

ジョーに食べづらい。

箸からうなぎが逃げる感じです。

あらまあ〜。

 

そこで私、一計を案じ、

テレビで見た名古屋の

ひつまぶしに挑戦しました。

 

うなぎの蒲焼きを買ってきたら

ざっくり刻んで、タレをかけて

ラップをしてレンジでチン。

ホカホカなうちに、タレごと

炊きたてご飯が入った炊飯器に

入れます。しばらく蒸らす。

 

全体をふんわり混ぜて、

一杯目はそのまんま、

二杯目はワサビやネギ、ミツバなんか乗せて、

三杯目をお茶漬けに。

 

やー、美味しかったです。

そのまま、うな丼にするより、

ぐっと食べやすく、ボリュームも出ます。

友人にも教えて、えらく喜ばれました。

 

そしてはっと気づけば、

大学を出て、実家に戻って以来、

ゴムみたいなうなぎを

食べていない私です。

あの味、今度作ってみようかなあ。

 

そして来年あたり、ひつまぶしなら

赤子も食べられるかも知れません。

時が流れたのですね‥。