大丈夫な日記

41で事実婚、42と43で出産、育児休暇中。

ピアスは止めない

赤子、絶賛「モノつかみ中」です。

あらゆるものをつかむ。

抱っこすれば、私の耳だの髪だのつかむ。

痛いことこの上ありませぬ。

 

さて、顔を洗うのもままならぬ日々の中、

ピアスだけは毎日、つけています。

耳を引っ張られ、ピアスホールが傷みそうで

ドキドキするときもありますが、

つけるのを止めたら

ホールがふさがりそうで。

 

私の耳には、計5つの

ピアスホールが開いています。

(うち3つはふさがった‥)

初めて開けたのは、大学時代。

20年以上前です。

 

就職して初めての配属が

お客さまと至近距離で話す窓口だったので、

人によっては気になるかなあ?と思い

ピアスをつけることを遠慮していたら

ありゃりゃ、

ホールはあっさり、ふさがってしまいました。

それから10数年が経過。

 

再び開けたのは2年前です。

歳を重ねた時に、

顔の周りに光りものがあると

顔色がよく見えると聞いたのです。

 

ネックレスなんかでも良いそうですが、

あんまり首周りに何かをつけない私、

こりゃまたピアスだなあ!と思い

ピアス現場(どこやねん)に

戻ってまいりました。

 

昔ピアスを開けていたころは

素材はチタンかシルバー(メッキ)でしたが、

今は、安いものは樹脂が主流。

軽くて、バリエーションも豊富です。

 

デフレのためか、お値段もお手頃。

私がよくつけてて褒められる

一見ダイヤモンド?に見えるものは

なんと3組で1000円です。

これなら落としてもあきらめがつく。

(落としたくはありませぬが‥)

 

そんなわけで、

赤子はおりますが、

もうホールをふさがないよう

日々、ピアス生活を送っております。

 

最近はごぶさたしておりますが、

日帰り温泉で前、一緒になった

70歳は過ぎただろうおばさまの耳には

粋なピアスがきらーんと

光っており、そりゃカッコよかったです。

歳を重ねた肌に光るピアス‥

ああなりたいものです。