大丈夫な日記

41で事実婚、42と43で出産、育児休暇中。

果物への愛

りんご農家に生まれ育ったためか、

スーパーに行くと、つい

旬の果物を手に取る私です。

 

今はダントツでスイカ

赤子もしゃりしゃり、いい音を立てながら

食べてくれます。

東洋医学では腎臓の薬とも言われるそうで

しかもこの季節、水分もたっぷり摂れる。

イカ、素晴らしい!

おやつに、食後に、ぱくぱくと

いただいております。

 

私はこれを当たり前と思って

育ったのですが、

パートナーの育ったおうちは

必ずしもそうではないようで

(彼の食傾向を見ると

果物よりお菓子を買うおうちなのかな?)、

ちょいとびっくりしました。

まあ、スーパーで嬉々として

いつも果物を買う私に

向こうもびっくりしているのかもですが。

 

さて、最近知って驚いたのは、

あの(一般的にはジャンクフード大好きな

イメージがある)アメリカの人が、

一人当たり、日本人の約2倍の果物を

消費しているということ。

えー!

 

実家で読んだ新聞に載っていたこの話、

どうやら、彼らは

ビタミンや繊維の摂取源として

果物を大事にしているようなのです。

そういえば、アメリカの学校のお昼に

子どもが持参するサンドイッチ、それに

りんごが一個まるごと付いているのを

雑誌や映画で見たことがあるなあ。

 

そして、新聞記事いわく、

日本では、果物はあくまでも

栄養の摂取源ではなく

嗜好品の位置付けなのだとか。

そのため、消費量も

決して多くはないのだそうです。

まあ、確かに、

無くても生きてはいけるけど‥

 

でも、まあ

りんご農家の娘としては、

これからもお菓子よりは果物を食べようと

イカを手にして誓う私でした。

だって、美味しいんだもん。