大丈夫な日記

41で事実婚、42と43で出産、育児休暇中。

調味料も、断捨離

が進んでおります。

 

前に書いた「ごはんのパターン化」と、

「赤子も大人も同じものを食べる」ことの

影響です。

 

カレー用のスパイス各種が消えるのは

想定していましたが、

コショウまで消えるとは

思わなんだ‥

 

豆板醤だの七味唐辛子だのは

先日、辛いもの好きな友人に

もらわれて行きました。

頭の中を「ドナドナ」の歌が

よぎりました‥。

 

おろしニンニクだのワサビだのも

消えました。

しばらくお刺身の出番も

なさそうです。

 

かたや、使っているものと言えば、

ナタネ油、ごま油、塩、しょうゆ、

時々みりん、もっと時々きび砂糖、

バター、酢、忘れちゃいけないお味噌。

 

こんなものです。

冷蔵庫に入れていた、使いかけの各種調味料が

着々と消え、ずいぶんスッキリしました。

あらまー。

生まれる余白の多さに、びっくりです。

 

そんなに複雑な調味料は置いてなかった

アパートですが(バルサミコ酢とか

スイートチリソースなんかはありませぬ)、

でも、予想以上にいろんなものを

使っていたんだなあと、驚きました。

 

赤子にびっくりさせられることは

日々絶えませんが、

これは意外でした。

 

そして、最近、改めて思うのは、

塩ひとつで、いかにいろんな料理が

作れるのか、ということ。

 

野菜炒めも、オイスターソースを

当たり前のように入れていましたが、

塩だけでも十分、美味しいのです。

 

鶏肉を焼いた時だって、たとえば、

無理に照り焼きっぽくしなくても、

バター少しと塩だけで

これまた美味しい。

 

意外な発見でした。