大丈夫な日記

41で事実婚、42と43で出産、育児休暇中。

「女性としての幸せ」って

レスリング、吉田沙保里さんの

引退会見がありました。

 

吉田さんのことはその戦績も

お人柄も素晴らしいなあと思いますが、

「これからは女性としての幸せを

掴みたい」とおっしゃったくだりに

ちょっと驚きました。

久々にその表現を聞いたので。

 

私の友達や同僚には

未婚やバツイチの女子が

ごまんといるので、

 

そして、そのほとんどが

早く結婚しろだの

どうして結婚しないのだ、だの、

周りからの、そして社会からの

いろんな圧力に

イヤな思いをしているのを

とてもよく分かっているので

余計にびっくりしたのです。

 

吉田さんに他意はないのだと思います。

素直に「女性は結婚して、

あるいは出産して、

それが女性としての幸せ」と

思っておいでなのだと思います。

それはもちろん、個人の自由であり、

尊重されるべき考えです。

 

でも、

彼女ほど有名で、

おそらくは影響力がある人の発言を、

 

深く考えずに「そりゃそうだよなー」と聞いて

そのまま他人に、あるいは身内に

「女性なんだから結婚しなよー」などと

ぶつけてしまう人や、

「吉田さんほどの人でも

次は結婚なのねー、それで本当に

女性は幸せになるのね!」などと

思い込んでしまう人が

世の中にはいるのです。

 

私なんぞが書かなくても

同じことを思った人が

これまた世の中には

いっぱいいそうですが、

 

長年、男社会でひとりで働いてきて、

そして今も多くの友人知人が

そんな中で働いているので、

 

どうしても物申さずには

いられないのでした。