大丈夫な日記

41で事実婚、42と43で出産、育児休暇中。

「あたしおかあさんだから」

この歌の歌詞がウェブで炎上していると

テレビで知り、

ちょこっとググってみました。

 

あたしおかあさんだから

早起きするとか

子どもにおかずをあげるとか

そんな歌詞です。

(それが延々続きます)

 

ワンオペ育児を賛美するのか、とか

自分がよいおかあさんだとは思えない

育児中のいま、聞くのは辛い、とか

批判的な意見がある一方で、

 

母になったらそれらは当たり前だろう、とか

批判的な人は敏感すぎるんじゃないか、とか

歌詞に肯定的な意見もありました。

 

個人的に思ったのは、それとは違うところ。

歌の冒頭部分、

おかあさんになる前、一人暮らしして(中略)

立派に働けるって強がってた、のところに

私は引っかかりを感じました。

 

社会では立派には働けなかったけど

その後、おかあさんになってからは

頑張ってるっていうこと?

もしくは、おかあさんになる前は

子どもはいないけど淋しくないって

強がって働いてたってこと?

 

どうもよくわかりません。

いずれにせよ、働く女性への見方が

古くさい気もします。

(作者は男性の方です)

 

あと、個人的には、

こんなにストレートな歌詞って

どうなんだろうとも思います。

ちょっとひねるとか芸はないのかなあ。

(歌に限らず、芸術って

ちょっとオブラートにくるむとか

比喩を使うとか、いろんなワザがあります)

あたしおかあさんだから、のフレーズが

延々と繰り返されるのも気になるところ。

 

そんなことを思った今日でした。

皆さんはどう思ったのかなあ。